×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係

糖尿病は合併症を伴う怖い病気です。

高血糖状態が続くと、あらゆる病気を引き起こします。

糖尿病自体はそれ事態は怖い病気ではありませんが、糖尿病が原因で
引き起こされる合併症が怖いのです。

そして、合併症の中でも怖いのが三大合併症です。


・糖尿病性網膜症

・糖尿病性腎症

・糖尿病性神経障害


この3つです。

この他にもまだ怖いのがあります。

それは、心筋梗塞や脳卒中などです。

これらは、死と隣り合わせですので糖尿病と診断されたなら
放置せず、必ず治療をしてください。



糖尿病性網膜症

まず、はじめに糖尿病性網膜症ですが、これは成人の失明の原因のトップです。

高血糖が続くことで、血管障害が起きやすくなり毛細血管が
もろい状態になります。

毛細血管が切れると眼底出血を起こしてしまうので、
状態や場合によっては失明する可能性もあります。



糖尿病性腎症

次に、糖尿病性腎症とは、高血糖が続くことにより、腎臓の毛細血管が障害を
起こしてしまいます。

こうなると、上手く血液を濾過することができなくなりまるので、腎不全や
尿毒症が起きてしまいます。

対策としては病院で人工透析を定期的行う必要があり、
血液を綺麗にしなければいけません。



糖尿病性神経障害

3つ目の糖尿病性神経障害は、高血糖が続くことが原因、様々な神経に障害を
起こす合併症です。

手や足のしびれといった神経にまつわる色々な症状が出てきます。

三大合併症の中でも特に発症しやすいでしょう。


糖尿病を放置しない

糖尿病の合併症は放っておくと、命に関わりますので、何度もいいますが、
放置せず、病院で治療してください。


高血糖を指摘された時点で、出来る限り食事療法や運動療法を取り入れるなど
工夫をして血糖値を上手コントロールしなければいけません。

もし、三大合併症になったら人工透析は週に3回とか、眼科にも通う必要も
出て来ます。

糖尿病からくる合併症は怖いと言うことを覚えておいてください。