×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > 血糖値が高いとなぜいけないのか?

血糖値が高いとなぜいけないのか?

血糖値が高いのが良くない理由

血液中の血糖値が高い人は「糖尿病には注意してください」

なんて言われますが、血糖値って一体どんな物なのでしょうか?

血糖とは、食事により、体内に吸収されるブドウ糖のことで
活動のエネルギーとして使われます。

そして、この血糖が体内にあるインスリンホルモンと結合することで、
血液中から細胞へエネルギーとして取り込まれる仕組みになっています。

もし、このインスリンホルモンの分泌量が少なかったり、
インスリンホルモンが上手く機能してくれなかったりすると、
血液中の血糖が細胞へ取り込まれなくなり、結果として血糖の
値が高くなってしまいます。


血糖値が高い場合は?

血糖値が高い場合、糖尿病にならないか心配になりますが、
以下のような様々な症状が現れることもあるので注意が必要です。


・体が疲れやすくなる

血糖値が高い状態が続くと血液もドロドロになり、血液の循環が悪くなります。

そうなると、体の細胞に酸素や栄養が行き渡らず、倦怠感を感じたり
たり、体が疲れやすいと感じます。

また、動脈硬化も進んでいく可能性があるので注意が必要です。


・肥満になりやすくなる

活動エネルギーとして体に取り込まれた糖分以外は、
脂肪細胞へと送られて体脂肪として蓄えられます。

この状態が長く続くと、皮下脂肪が増えていくので、
その結果として肥満になってしまいます。


・病気になりやすくなる

血糖値が高いと血液はドロドロとなりますが、これが原因で
体の細胞は酸化していきます。

もちろん、細胞が酸化してしまうと、体の免疫機能も次第に低下するので、
菌やウイルスなどに感染しやすくなるので、その結果として病気に
なりやすくなるというわけです。

ですので、血糖値が高い人はあらゆる病気に注意しなければいけません。