×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > アルコールと血糖値について?

アルコールと血糖値について?

アルコールと血糖値の関係!

糖尿病の人は医者から、「アルコールは禁止してください」と
言われると思います。

では、お酒などのアルコールを飲むと血糖値にはどんな影響が
あるのでしょうか?

糖尿病患者の場合、薬を飲んでいるとすれば、アルコールを摂取することで、
低血糖に陥いる危険性が考えれます。


糖尿病患者の場合、血糖値をコントロールするためにインスリンや血糖値を
下げる薬などを使用しています。

お酒などのアルコールを飲んでしまうとインスリンや薬の効果が長引いてしまい、
その結果、血糖値が大幅に下がってしまいます。

また、肝臓がアルコールを分解するためには、糖分が必要となります。

ですので、インスリンや血糖降を下げる薬を利用し、血糖値が下がっている
状態でアルコールを摂取してしまうと、活動に必要な糖分までアルコールの
分解のために利用されてしまうので低血糖の状態になるというわけです。

その逆に、糖尿病でない人がアルコールを摂取すると、血糖値を上げてしまう
可能性があります。


日本酒やビールは糖分やカロリーが高いですので、毎日、何杯も飲んでいる方は
特に注意が必要でしょう。

あなたの気がつかないうちに血糖値が急上昇している可能性があります。

もちろん、たしなむ程度のお酒なら、ストレス解消や健康にも良いのですが、
毎日、過剰摂取するようになると、いずれ大変なことになります。

ですので、アルコールは普段から控えめぐらいが丁度良いかもしれませんね。