×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > 血糖値を下げるツボには?

血糖値を下げるツボについて

血糖値を下げるツボ

ツボを押すことで血糖値は下がるのでしょうか?

血糖値が高い方にとっては興味深い話だと思いますよね。

では、このページで血糖値を下げるツボについて説明しているので
参考にしてみてください。


・耳ツボ

「耳ツボダイエット」ってご存知の方も多いと思いますが、
これは、空腹時、耳にあるツボを刺激すると食欲がなくなるので
ダイエットになるというものです。

実は、これが糖尿病にも効果があります。

糖尿病の治療って、ダイエットに共通しているところがあるんですね。

耳ツボを刺激することで食欲も落ちて、浮腫みも取れていきます。

そのツボとは・・・

耳の一番上の内側の窪みで二股に分かれた軟骨にはさまれている部分の
「神門」や、耳の穴の頬寄りの入り口部分の「内分泌」などです。

神門は精神を安定させる効果があるので、ストレスが溜まっている人にも
いいでしょう。

内分泌は、ホルモンバランスを正常にさせる効果があるので、
インシュリンの分泌も正常になるであろうと考えられます。

また、耳ツボでは、すい臓の働きを活性化させてインスリンの分泌を促し、
糖代謝を改善させる効果もあります。

そのやり方ですが、耳ツボを刺激する場合は、マッチ棒などの細い物で
10回ぐらいツボをやや強めに刺激してあげるのが基本です。

耳全体をマッサージしても効果があるので面倒な人はいいかもしれませんね。



・陽けい

また耳ツボ以外には、手の甲の親指の付け根のあたりに、
「陽けい」というツボがあるのですが、こちらも糖尿病に効果のあると
言われてます。

陽けいを刺激すると、胃や腸の働きが活発になるので、
血糖をコントロールする機能がアップすると言われているからです。


ツボを刺激するというと筋肉のコリなどや緊張をほぐすイメージがありますが、
血液やリンパ液の循環を活発にしたり、内臓の働きを調整して体調を
整えたりする効果があるので大変有効な方法です。