×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > 血糖値の正常値・平均値を知ろう!

血糖値の正常値・平均値について

血糖値の正常値・平均値はどれぐらい?

血糖値と言うのは、正常値や平均値が決められていますね。

血糖値の正常値や平均値では、性別や年齢をはじめとして、様々な要因に
より血糖値が変化することを考慮して、決められた値になります。

血糖値の正常値は一般的には、空腹時に測定したものになります。

・空腹時においては100r/dl未満が正常値とされています。

また、血糖値は食後2時間後に上昇すると言われているのですが、
この上昇を考慮して・・・

・食後2時間後の血糖値の正常値は、140r/dl未満

となっています。

血糖値を測り、空腹時の血糖値が100r/dl未満という正常値を
超えてしまった場合や、食後2時間の時点で血糖値が140r/dlを
超えている場合には、さらに病院で詳しい検査を受けたることをオススメします。

一般的には血糖値は、100r/dl未満が正常とされていますが、
平均値は年齢や性別によっても少し違います。

以下を参考にしてください。

20歳〜29歳の平均値は・・・
・男性が90r/dl
・女性が89r/dl


40歳〜49歳の平均値は・・・
・男性は98r/dl
・女性が96r/dl


このようになっています。

もちろん加齢に伴い、血糖値の平均も上がっていきます。

70歳以上では・・・
・男性が108r/dl
・女性が112r/dl


このようになっています。

血糖値を測定したら、自分の年代と比べてみるといいと思います。

自分の年代の平均値や正常値を上回っているのであれば、今後は血糖値を
上手にコントロールする必要があるでしょう。

糖尿病の予防、また、糖尿病を悪化させない為にも血糖値に気をつける必要が
あります。