×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > 甘い物を食べると血糖値って本当に上がる?

甘い物を食べると血糖値って本当に上がるのか?

甘い物と血糖値の関係は?

よく、甘いものを食べると血糖値が上がるなんて聞いたことはありませんか?

そこで、実際はどうなの?って思うかもしれませんが、実は甘いものを食べると
血糖値が上がるというのは、本当のようですね。

甘いものを食べると血糖値が上がると考えられる理由には・・・

・甘いものにはカロリーが高いものが多いから!

例えば、甘い物にはケーキがありますよね。

ショートケーキのカロリーは、一個250キロカロリー、
チーズケーキにおいては一個400キロカロリーぐらいあります。

一個だけ食べたとしても、かなり血糖値に影響してくると考えられますよね。

糖尿病においては、血糖値が上がりすぎてはいけないので食事制限などをして、
一日の総カロリーを控えるようにします。

ですので、血糖値が高い人の場合、カロリーの高い甘いものは控える必要が
あるのです。

だけど、甘いものを食べると血糖値が上がるのが気になるからと言っても、
全く食べてはいけないというわけではありません。

実は、ストレスを溜めているのも血糖値が上昇してしまうと言われているので、
甘いものを食べずに我慢する。

このストレスで余計に血糖値が上がることもあると言われています。

ですので、どうしても甘いものを食べたいのであれば、バターや小麦粉、
油類などを使用していない和菓子や、また、フルーツが入ったゼリーなどで、
なるべくカロリーを抑えるようにするといいでしょう。


摂取カロリーを抑えるちょっとしたコツ!

カロリーを抑えるちょっとしたコツがあります。

それは、食事の後に甘いものを食べて余分にカロリーを摂取するのではなく、
甘いものをあえて食前に食べて満腹中枢を刺激してから食事をします。

そうすることで食事の量を減らすことが出来るので、その結果としてカロリーを
抑えるということに繋がります。

もし、血糖値が気になるのであれば、甘い物の摂取には十分注意してくださいね。