×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 血糖値を下げる > インスリンにも種類がある?

インスリンの種類について

インスリンの種類では・・・

糖尿病の治療では、インスリン製剤を使った皮下注射によるインスリン療法と
いうものがあります。

このインスリン製剤ですが、主に6つの種類があります。

インスリン製剤ですが、糖尿病と言っても、一型糖尿病の治療において大きな
効果を発揮すると言われています。

ではその種類を紹介します。

・速効型インスリン製剤
・中間型インスリン製剤
・混合型インスリン製剤
・持続型インスリン製剤
・超速効型インスリン製剤
・時効型インスリン製剤


などの6種類になります。

ちなみに、これらのインスリン製剤は種類によっても、効果が現れる時間で
あったり、その効果が持続する時間も違いがあります。

では、それぞれ、少し詳しくご説明しますね。


・速効型インスリン製剤
速効型インスリンは、即効性が高いとされ、注射後は30分ぐらいから効果が
現れ始めますが、持続時間が短くて、5〜8時間と言われています。


・超速効型インスリン製剤
速効型よりもさらに効果が現れるのが早いインスリン製剤が、この
超速効型インスリン製剤になります。
こちらも持続時間は短くとされていて、3〜5時間程度となっています。


・中間型インスリン製剤
中間型インスリン製剤というのは、注射後1時間から1時間半で効果が現れ、
18時間から24時間くらい持続します。


・混合型インスリン製剤
混合型インスリン製剤は、速効型や超速効型と中間型を混ぜたもので、
効果が現れるのが早い上に持続時間も長いとされています。


・持続型インスリン製剤
持続型インスリン製剤は、速効型や超速効型と正反対の特性をもつ、効き目が出るのが遅く、効果が長いとされています。


・時効型インスリン製剤
インスリン製剤の中には、一回の摂取で24時間の効果が期待できる時効型インスリン製剤というものもあります。


これらインスリン製剤は病気の症状や患者の状態に合わせて使われています。