×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 糖尿病の治療方法には?

糖尿病の治療方法について

糖尿病の治療にはどのような方法があるのでしょうか?

大きく分けると以下の3つになります。

・食事療法

・運動療法

・薬物療法


この3つです。

糖尿病がまだ軽症なら、運動療法や薬物療法で充分血糖値をコントロール
することができるでしょう。

健康診断などで糖尿病と診断される場合もありますが、治療法法はその人の
状態にもっても異なります。


薬物療法では?

薬物療法が必要になってくるのは、T型糖尿病の人、食事療法と運動療法で
効果が現れない場合になります。

薬物療法は血糖値を下げる血糖降下剤を服薬するのが一般的

インスリンが分泌されていない人や分泌が低下している人には、
インスリン注射を行います。



食事療法では?

では、食事療法とは、どのようなことをするのでしょうか?

糖尿病や糖尿病予備軍と診断された場合には、今の食事を見直しや
改善させるといった必要があります。

もちろん、暴飲暴食を避けるのは当然のことですが、糖分や栄養を
摂りすぎないように、一日の総カロリーを抑えるようにします。

偏った栄養バランスもいけませんので、できるだけ偏らないような
物を食べるようにします。

どのぐらいのカロリーを摂取すればいいかですが、これは体格や体重、
運動量によってもかわりますので、医師と相談するといいでしょう。

ちなみに基本的に言われているのが、1600Kcal以下です。


運動療法

運動するということは血糖値を下げるためにも大切で必要です。

なぜかと言うと、糖尿病になる原因の一つに運動不足があるからです。

ですが、運動するといっても、いきなり苦しい事をするのは、
よくありません。

とりあえず、軽いウォーキングなどの運度が望ましいですね。

はじめは5分程度のから徐々に運動量をあげていけば良いでしょう。

また、病院では食事療法や運動療法についても適切に指導を
行っています。

何かわからないことがあれば、質問してみるといいでしょう。