×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 糖尿病は遺伝するのか?

糖尿病は遺伝について

身内で糖尿病の人がると、糖尿病になりやすいというのは
本当なのでしょうか?

病院の問診票では、近親者に糖尿病や癌になった人がいるか
チェックするところがあるのですが・・・。


糖尿病は遺伝する?

では、糖尿病と遺伝の関係についてご説明します。

糖尿病には、T型糖尿病とU型糖尿病とがあり、日本人に多いのが
U型糖尿病です。

T型糖尿病とは、何らかの理由でインスリンが分泌できなくなり、
それによって高血糖状態が続く病気です。

一卵性の双子の場合は、一方が発症したとしても、
もう片方が発症する可能性は半分にも満たないとされていて、
遺伝子で発症の原因となるとは考えにくいです。


実は・・・

T型糖尿病よりも、U型糖尿病の方が遺伝性が強い

と言われています。

U型は何らかの原因でインスリンが分泌不足になったり、
作用が落ちることにより、高血糖状態が続きます。

ただ、遺伝子だけが原因というよりは、なりやすい体質を
受け継いでいるといった方が正しいと言えます。

また、遺伝子的要因に他には、運動不足や暴飲暴食、
ストレス、疲労、加齢などの要因が重なることで糖尿病を
引き起こすと考えられています。

実際には、身近に糖尿病の人がいない場合でも、糖尿病を
発症する人は少なくありません。

ですので、逆に言うと日常生活が乱れていなければ、
糖尿病になりやすい体質であったとしても、この病気に
掛からないと言うことになります。

もし、身内で糖尿病の人がいるなら、日頃から食生活などを
気をつけて、運動等を行うようにするといいでしょう。