×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 糖尿病の検査方法では?

糖尿病の検査方法について

糖尿病を調べる検査方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

糖尿病は名前の通り、糖尿病は尿に糖が出る病気ですので、

・尿に糖が出る=血液中の糖が高い

ということになります。

ですので、糖尿病の検査では、血糖値を調べる必要があります。


血糖値の基準

食事をすると糖分を摂取することになるので、当然ですが空腹時よりも
食後の方が血糖値が高くなります。

しかし、健康な人の場合は、インスリンが正常に働くので、血糖値が過度に
上昇することはありません。

基準値としては、

・空腹時で70〜109mg/dl

・食後2時間で140mg/dl未満


これを超えると糖尿病の疑いがかかります。

この検査方法で・・・

・空腹時血糖126mg/dl以上

・食後2時間血糖が200mg/dl以上


になっていると糖尿病の疑いが出て来ます。


糖尿病の疑いがある人は?

もし、上記の検査で引っかかった人は、ブドウ糖負荷試験(75gGTT検査)
というのを行います。

これは、75gのブドウ糖を摂取するのですが、血糖値やインスリンの
上がり具合はどうなのかをみるものです。

普通は摂取前と摂取後(30分・60分・120分)と計4回ほど調べます。

この他には、HbA1c(糖化ヘモグロビンA1c)といって、
赤血球のヘモグロビンのうち、ブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を
調べる検査を行うこともあります。

血糖値というのは食事の影響を受けやすいですが、この方法は食事の影響を
受けにくく、1〜2ヶ月前の血糖値の状況を反映します。

ですので、血糖がどのようにコントロールされているかの指標になります。

それ以外にも、CPRやフルクトサミン、グリコアルブミンなど
様々な検査方法があります。


血糖値を上げない方法

また、血糖値を上げない方法としては、ゆっくり食べることが有効です。

早食いをすると急に血糖値が上がりますので、思い当たる人は、
よく噛んでゆっくり食べるといった食事を心がけてください。