×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病について

妊娠糖尿病とはどういたものでしょうか?

普通の糖尿病とは違いはあるのでしょうか?

妊娠中には検診の度に尿検査を行い、タンパクや糖の数値を調べます。

尿検査に糖が出ているならば血糖値が高い可能性が強いでしょう。

妊娠中に血糖値が高かった、あるいは、妊娠をして検査したことで
初めて血糖値が高いということが判明した場合、

これを妊娠糖尿病といいます。



妊娠糖尿病の人は・・・

妊娠中は胎盤から、様々なホルモンが分泌されています。

中には血糖値を上げる作用のあるホルモンもあるのです。

また、妊娠中はインスリンが効きにくく血糖値が下がりにくい
状態となっていて、妊娠していない時に比べると、血糖値が
上がりやすい傾向になっています。

インスリンは普段、たくさん出るので、過度に血糖値を上げない
ように調整しています。

ところが妊娠糖尿病の場合は、必要量のインスリンを分泌
できないのです。

普通はインスリンが効きにくくなる時期というのは
妊娠中期以降になります。

ですので、妊娠初期から血糖値が高い状態であるのなら、
以前から糖尿病だった可能性が高いと言えます。

妊娠中に高血糖の状態が続くとなると、母胎ばかりでなく、
もちろん胎児にも影響を与えてしまいます。

羊水過多症や巨大児などは有名です。


妊娠糖尿病の治療は・・・

妊娠中であっても血糖値が高いと分かったら、治療することになります。

最初は食事療法で血糖値のコントロールするようにします。

もし高血糖状態が続くようなら、今度はインスリン療法となります。

普通の糖尿病と違って、産後は回復することは多いのですが、
妊娠糖尿病になった場合はやはり将来、糖尿病になる可能性があります。

産後も糖尿病にならない為にも注意する事が大事です。