×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 糖尿病と肥満の関係は?

糖尿病と肥満の関係について

日本の糖尿病患者では、なんと90%以上が生活習慣からくる2型糖尿病です。

そして、2型糖尿病の特徴としては、

・肥満体型

の人に多いです。


肥満やメタボは糖尿病になりやすい

人間は暴飲暴食を続けていると、2型糖尿病になる可能性が高くなります。

最近では、メタボリックシンドロームとの関連性があると言われていますよね。

よくメタボ体型の人には

「このままだと糖尿病になりますよ」

なんて忠告されたりします。

ちなみにメタボとは、メタボリックシンドロームの略であり、
内臓脂肪型肥満の人です。

中には、肥満に見えないようでも、内臓に脂肪がついていてメタボに
なっている人もいます。

当然、外見上にも肥満が出ている人は、ほぼ確実にメタボですよね。

2型糖尿病とは、体内で分解できる以上の糖分を摂取して
しまうことで発症する病気になります。


ですのでこのタイプの人には肥満体型が多いってことになります。

しかし、糖尿病が進んでしまうと、糖分を分解する機能事態低下するので、
進行すると逆に痩せて行くという症状が現れます。

ただ、発症する時点では基本的に肥満体型であることが多く、
見た目が肥満でなくても内臓に脂肪をためているケースが多いというのが、
統計的に証明されています。

もし、健康診断などでメタボリックシンドロームと指摘されているなら
糖尿病にならない為にも十分注意してください。