×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > なぜお酒とタバコはダメなのか?

なぜお酒とタバコはダメなのか?

糖尿病になってしまったら、お酒やタバコってダメなのでしょうか?

結論からいうとダメです。

では、なぜダメなのでしょうか?


お酒がダメな理由

先ず、お酒からご説明します。

お酒などのアルコールの場合、「お酒は百薬の長」何て言われ
適度な飲酒なら体に良いとされています。

ですが、その適量で止められない人が多いのが事実です。

つまり・・・

過剰飲酒が続いている場合、2型糖尿病になりやすいんですね。

お酒を過剰摂取すると言うことは、体内に糖分を増やし、
内臓にも負担を掛け、その結果、糖尿病患者が陥りやすい合併症に
なる可能性が高いとされているのです。

ですので、お酒の飲みすぎには注意が必要になります。


タバコがダメな理由

タバコの場合「百害あって一利なし」なんて言いますよね。

もちろん、タバコを吸っている事態、体によくありません。

先ず、タバコを吸うと血管が収縮します。

そして、血管が収縮すると血行が悪くなります。

糖尿病患者が陥りやすい合併症には、

・網膜症
・腎症
・神経症
・動脈硬化
・足壊疽


など、これらはいずれも血流に大きく関係しています。

タバコを吸うことで、これら症状を悪化しやすくなってしまいます。

糖尿病に悪いからではなく、合併症のリスクが高まるからというのが
正しいです。

糖尿病の場合、お酒とタバコはいずれも合併症になるリスクが
高くなるということを覚えておきましょう。