×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

糖尿病と合併症の怖い関係TOP > 糖尿病対策 > 子供の糖尿病とは?

子供の糖尿病について

最近では、子供が糖尿病になるケースも増えています。

よくテレビでも問題とされていますよね。

では、どうして子供の糖尿病が増えるのか、危険性はどうなのか?
について解説しますので参考にしてみてください。


子供が糖尿病になるケースには?

子供が糖尿病と言うと、今までは、1型糖尿病が多かったんですね。

その原因としては、先天的、あるいは、何らかの理由によって、
体内でインスリンを作る機能が低下してしまい、摂取した糖分を
分解できないというタイプの糖尿病です。

もちろん、このタイプの糖尿病では、1日に何度かインスリン注射を
打たなければならず、また常に糖分を摂取していなければなりません。

子供が糖尿病と言えば、このケースがほとんどでした。


現代の子供が糖尿病になるケース

最近、増えていると言われる子供の糖尿病では、大人と同じで生活習慣病の
2型糖尿病が多いんですね。

この場合は親に責任があるとしかいいようがありませんね。

その原因は過食にあります。

また、偏食だったり、おやつなどの糖質のとりすぎが原因で
子供が糖尿病になり、そのままの生活を続けていると、合併症になる
可能性があります。

子供が美味しそうに何でも食べるからと言って、食べ物を与え続ければ
糖尿病になるのは当たり前ですよね。

子供が食べ過ぎていないかを管理するのは、親の役目です。

まだまだ、長い将来があるのですから、子供の命を親が削ってしまうことの
ないよう、親は自覚をもって子供を育てる必要があります。